ここでは、お小遣いサイトの紹介制度を利用する上で、
お小遣いサイトの紹介方法というものを考えていこうと思います。

お小遣いサイト紹介というのはブログやホームページを作り、
記事を読んでもらい紹介バナーやURLからご登録して頂く事で
紹介成立するのが一般的に知られている方法だと思います。


紹介方法の種類を考えてみる


SNSで紹介する


ここにはTwitter、Facebook、LINEなど全て含まれています。

Twitterであればフォロワー数ですね。
日本一フォロワー数が多いのは芸能人の有吉弘行さん。
500万人以上のフォロワー数です。

こんなにフォロワー数がいて、仮に2、3日に一回お小遣いサイトのリンク
貼ってみたらたぶん1ヶ月で万単位のお友達を獲得できるでしょう。

Twitterはフォロワー数が多いのであれば、紹介制度を利用して大きく稼ぐ事ができます。
これは良くある話で、情報商材の無料オファーとかと同じ発想です。

そこまで膨大なフォロワー数を獲得しようと思ったら
お小遣いサイト関係だけでは難しいかと思います。

Facebookも同様でしょう。
友達の数が多ければ見てもらえる機会も多くなるという事です。
数の多さが必要となってくるでLINEも似たようなものかな・・・

SNSで紹介するという事に対して言える事は、数を増やすという事です。
もちろん他のやり方もあるかと思いますが、
1つの事に集中していけば多くの紹介者を獲得できるのではないかと思います。


例えば大きく考えてみると

  • Twitterを100アカウント作成⇒
  • フォロワーを増やす(つぶやく事は面白い事、プライベートな事などを混ぜて)⇒
  • ある程度の関係(リプライをもらう、リツイートなど)を築いたら⇒
  • 紹介リンクをつぶやく⇒
  • 信頼関係を増やす事(リプライをする、もらう、リツイートなど)を行う⇒
  • 再び紹介リンクをつぶやく⇒
  • 繰り返す⇒

Twitterの部分をFacebookでもLINEでもそんなに変わらないでしょうね。


動画から紹介する


仮にYou Tubeとかの動画投稿サイトからお友達を集められる場合、
これはもう凄い事になると思います。

再生回数が100万回とか、多くの再生数をお持ちの方で
直接お小遣いサイトと結びつける事ができるのであれば
膨大なお友達を集める事ができるでしょう。


メルマガから紹介する


これはTwitterとかの数の理論と同じですね。

定期的に情報発信を行い読者を獲得するメルマガがあり
読者数の多さがあれば紹介制度で大きく稼ぐ事は可能だと思います。

メルマガで情報発信した場合、ネットで稼ぎたいという事に
対して興味のある方が集まる可能性も高くなります。

そういった方にお小遣いサイトを紹介する場合、
ブログやサイト媒体よりも成約率的には高いと思います。


他のキーワードを狙ってみる


私は現在、「お小遣いサイト」でブログを開設していますが他の単語でもできます。

お小遣いサイトって、ポイントサイトの事ですよね?
私がお小遣いサイトにしているだけで、
「ポイントサイト」の方が検索数が高いです。

ポイントサイトってどこから来る?となると
ネットで稼ぐという事になり、お金を稼ぐという事になると思います。

これらは検索数も増える事もありますが、より稼ぐという事について
初心者さんに見てもらえる機会が多いので、
とても高い成約率なのではないかと思います。

ネットで稼ぐなんか、ここから数ある稼ぎ方の中で
ポイントサイト(お小遣いサイト)を選ぶ正に起点に近いキーワードです。

次に、お小遣いサイトでの広告キーワードです。

お小遣いサイト(モッピー、げん玉等)はキーワードの宝庫だと思います。
お小遣いサイトのコンテンツの中からキーワードを探すという方法も考えられます。

ショッピングなんか、無料で商品を手に入れられる100%還元の商品、
ビックなキーワードではないかもしれませんが成約率は高そうです。

ビックなキーワードで言えばネットショッピング系ですね。

楽天市場やYahooショッピング…で上位表示できるのであれば
どんどん集客できるかもしれませんね。
これも探せば何とか上位表示できそうなキーワードがありそうです。



お小遣いサイトでの紹介方法 ~まとめ~


私の考える紹介方法の手法としては

  • SNSで紹介する
  • 動画から紹介する
  • メルマガから紹介する
  • 他のキーワードを狙う

という方法が考えられます。


他にも方法があるかもしれませんが
今、私が頭に浮かんでくるのはこんな感じです。

他の方法でも見つかればまた記事にするかもしれませんね。

あなたがもし他の方法をひらめいたら実行するのも良いですね♪

こうやって考えるとどれも短い時間では成し遂げられないものだと思います。
今はこういった方法で紹介方法も色々あると考えて頂ければ幸いです♪
関連記事
 カテゴリ
 タグ
None
  • このエントリーをはてなブックマークに追加